読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咲-Saki- 第141局[暗闇]

ハイテクノロジー!!

片岡優希


副将戦も残す所は後2局。大人しくしていればトップは維持できるメガンであるが、そこまで堪え性のあるタイプではなかった。ついに2つ目の能力を使ってしまう。どうやら手牌を伏せたまま打つとツモが分かるというものらしい。それを遺憾なく発揮し、連続和了で副将戦終了。3年生だけあって強い。

さて、このメグの能力だが、一体どういったものであろうか。描写を見る限り、まず配牌は通常通りしてくるようである。それを特に揃えもせずに伏せ、そのまま打っていく。この際、裏返した牌とツモのみを見て、河は全く見ない。リーチ以外の役がつく聴牌になれば牌を立て、河を見てもいいらしい。更に、ここでデュエルを仕掛ける事も可能なようだ。効果としてはツモがよくなると臨海女子内では扱われている。更に40日で6局しかできず、1局分の回復に1週間かかるともされている。

牌の確率等を考慮した効果測定は他に任せるとして、結果的に上がっているからツモはよくなっているのだろう。ネリーにも危険視されている事から十分強力である事が予想される。しかし縛りが結構きつい。そうポンポン使えるようでもないし、使った所でツモらせてもらえないように周囲が動いたら無駄打ちになる。デュエルと補完的に使う方法が思いつかないので使い所が難しいと感じてしまう。

ただ、圧倒的に透華の治水に対するメタ能力である。何しろ河と無関係になるのである。一気に咲や衣ですら対抗できない治水に対抗できうる候補になってしまった。元よりメガンはそれを望んでいた。咲では再戦の意思は成長の糧である。まず透華がそうだ。メガンだってそうなろう。