読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咲-Saki- 第145局[背戻]

咲-Saki-

二度目だからだ――


[ここまでのあらすじ]
ネリーが嶺上開花で上がり、咲を動揺させる。しかし、マホとの対局経験がそのショックを小さくさせるのだった。次局、早くもカムイを霧散させ、安く早上がりする末原。そして親番となった爽は白い雲を使いメンチンツモ。続けて一本場にアッコロとホヤウを召喚するのであった。


ネリーの嶺上開花、これはやはり咲の動揺を誘うものであったようだ。ただ、そのショックはマホとの対局経験によりある程度軽減された。部長の特訓はまたしても大当たりである。指導者として極めて有能だ。顧問に全く出番がないのも納得だ。

しかしながら、ネリーの能力自体は未だ不明である。前回の描写を見る限り、爽の能力を感知した上で嶺上牌で上がれると確信していたようである。能力の察知自体は能力者にとっては基本として、嶺上開花は固有の能力と考えていいだろう。これを咲はマホとは違うとしていただが、能力コピーはボスキャラの能力でも王道の王道。使いこなせるからこそマホとは運用が違うという可能性も有り得る。咲が平気と自分に言い聞かせる辺りが怪しい。同種の効果を発揮できる能力者と気づいて一層焦る展開があるのではなかろうか。臨海女子は決勝進出の最右翼なのだ。


次局安上がりをする末原、爽に言わせるとカムイをもう雲散させているようだ。支配力が複数局継続しうる事と、その支配から早期に末原が逃れた事がわかる。やっぱりこいつは能力無効化に近しい能力なんじゃなかろうか。能力察知ができないのも能力を無効化しているからなんてよくある話である。


そして爽の親番、白い雲を呼び出してメンチンツモで上がる。この白い雲というのは五色雲で草木鳥獣魚虫となった白い雲だろう。宝物となった赤い雲が字牌を呼ぶように、生物となった白い雲は索子を呼ぶようだ。また、この局では雲のみを使い、カムイは使わなかったようだ。ツモれそうだからいいと思ったのか、温存しておきたかったのか、はたまた雲との相性がよくないカムイしかいないのか。

しかしいずれにせよ、連荘すると一気にアッコロとホヤウを召喚。こちらもアイヌのカムイでそれぞれタコとヘビである。会場に黒いオーラが現れているようだが、これは実際は赤ではなかろうか。空をも赤くしてしまう程に赤くて巨大なアッコロカムイの影響と考えたい。どんな能力かは明らかではないが、嶺上で上がられた時以上に咲が動揺している以上、それ相応のカムイなのだろう。