読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課後のプレアデス 第10話「キラキラな夜」

僕は今も、自分を呪い続けている みなと 過去を呪っていてはそれをやり直す事なんてできない。やり直す為には祝福が必要だ。しかし、もう自分で祝福ができないのなら、誰かに祝福しれもらわなければならない。その祝福を祝福できる相手に。自分を祝福できた…

放課後のプレアデス 第9話「プラネタリウムランデブー」

忘れなくては帰れないし、忘れるからこそ、今この景色を楽しめる みなと 文化祭はそれそのものより準備期間の方が楽しいなんてよく言う話だ。時間に追われながらも、気楽に何かを作って、できていく様というのはアニメとして見ても楽しいものだろう。しかし…

放課後のプレアデス 第7話「タカラモノフタツ 或いは イチゴノカオリ」

私達は変わっていける すばる 起承転までやったと言いつつ、またもや転。いや、折り返しと言うべきか。ようやくすばるとあおいの過去に触れられる。忘れた記憶を思い出す事と失くしたものを探す事はよく似ている。失くしたものが見つからなくて何も手がつか…

放課後のプレアデス 第6話「目覚めの花」

残りのエンジンの欠片の数が6個と分かって、ついに宇宙船が現れて、みなとと角マントが対面して、と起承転結の転に他ならないような回であった。2話までが再会という起で、5話までがキャラ照会がてらの承と実に13話アニメらしい構成である。もう終わりが見え…

放課後のプレアデス 第5話「帽子と氷とお姫様」

やっぱり王子様はお姫様を助けなきゃ いつき 子供の頃は万能感を抱いているものだ。 自分は何だってできるし、できるようになると思ってしまいがちだ。 でもそうしてやった事が全て成功するわけではない。 いつしか自分には限界がある事に気づく。エネルギー…

放課後のプレアデス 第4話「ソの夢」

圧倒的じゃないか ななこ 1週間ずっと考えていたけどもうこのななこの台詞以上の感想を書けない。素敵なものを素敵だって言える事以上に素敵な感想なんてない。可愛くてきれいで素敵なアニメだ。

放課後のプレアデス 第3話「5人のシンデレラ」

可愛いの! 可愛いの! すばる いつき エンジンの欠片の出現範囲はどんどん広がっているらしく、南方の海にまで及んでしまった。そう、つまりは水着回である。温かい海まで行けば水着回になるのである。これは深夜アニメの常識と言っても過言ではない。3話に…

放課後のプレアデス 第2話「星めぐりの歌」

私達の悔しがる分がなくなっちゃう ななこ 再会というのは常にドラマティックなものだ。ただの出会いですらドラマであるのに、再会というのは更にそれまでの積み重ねがある。ドラマティックになるしかない。再会が始まりの物語ではその積み重ねの確認作業が…

放課後のプレアデス 第1話「流星予報:雨時々流れ星」

素敵な出会い ななこ ひょんな事から魔法に出会い変身、そして異世界の住人を元の世界へと送り届ける為に戦っていく。如何にも魔法少女らしい。でも2000年代以降の魔法少女とは違ってとても優しい世界だ。相手役はいるものの敵を倒す為に戦わないし、対立の…