読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016 感想

プリパラ 声優 イベント

今年もプリスマスに行ってきた。やっぱりプリスマスはいい。そんなわけで感想を書いていこうと思う。


どれもよかったのだけど、夏に引き続いてアロマゲドン/ガァルマゲドンはやはり魅力的だった。でび&えん→アメイジング・キャッスルの流れは最高だ。でびえんが終わってもすぐにはけない時点で流れは予測できるのだけど、それでも好きなものは好きだ。優勝優勝と言っているオタクがいるけれど、あろみかで優勝を理解してしまったような気がする。

流れという観点では、ふわりがふわふわ歌っていたらひびき様が出てきて脳がひびき様になるという展開もよかった。ガァルマゲドンの時点で展開を予想できているのだが、予想で期待して、期待が叶ってしまうのだから余計に楽しくなってしまうのだ。また、CDやアニメよりもひびき様の声にやる気が感じられて何だか可笑しみも感じてしまった。

ひびきとふわりのように作中で出てきた組み合わせならある程度の確信を持って見られるけど、ファルルとガァルルの0-week-oldには非常に驚いてしまった。ファルルが0-week-oldを歌っている最中にガァルルとデュエットしてくれないかなぁとは思っていたものの、そんなのはありえない仮定であって期待して夢を見て楽しむものだと思っていた。それが現実になったのだ。ただただ感謝しかない。


曲としては昼夜に出て大体聞きたいのが聞けたと思う。特にセレパラ歌劇団は面子も舞台演出もとても格好良く、これぞセレパラ歌劇団と行った所だ。センターが斎賀さんの時点でずるいわ。あんなの格好いいに決まっている。その上でトリコロールを反芻してみると、プリパリのレベルに驚くばかりだ。

今回初登場のノンシュガーもとてもよかった。他でもイベント経験がある人ばかりで構成されている為か、とてもこなれているように感じた。中でもじゅのん・かのん・ぴのんをやった田中さんはおかしい。のんでやるのかと思ったら3人もやっていて、やっぱり声優はすごいとしか言えなくなってしまった。ミュージカルでも楽しみだ。

また、かな恵もめが姉ぇとして歌うという意味では初登場だった。夏と同様にPrizzmyだけかと思ったらまさかの登場だった。次回も出てくれたら嬉しい。

キャストの話になると、ジュリィとあじみを行ったり来たりする上田さんは流石だった。毎回そうだけど、よくあんな急な対応ができるものだ。見ているこっちが混乱してくるくらいだった。ちゃんこもそうだけど、あの世界の兼役はちょっと落差が大きすぎる。


最後になるが、帰りの舞浜駅で見た花火がとてもきれいだった。多分ディズニーのナイトパレードの花火なんだろうけど、プリスマスの終わりを示しているようでとても素敵だった。まるでイベント帰りの電車で感じる余韻を一気に空に飛ばしてくれたかようだった。あの数分は最高の余韻だった。また来年もプリスマスを過ごしたいなぁ。