読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋弾のアリアAA 2弾「危険な関係」

緋弾のアリアAA

だって私たち相思相愛ですもんね!


あかりとアリアの戦姉妹契約を破棄すべく志乃があかりに日本刀を向ける回。初期エピソードにして原作でも志乃がヤンデレ、クレイジーサイコレズなどと呼ばれるようになった所以のアニメ化。なのだが、思いの外やばさをを感じさせるような印象はなかった。漫画とアニメは違うのだ。

漫画は段々とあかりのハーレムとなっていった印象があった。またそのハーレム要員は加わる時に個別エピソードをやる。アニメではそうした展開の変化を描く時間がないし、個別エピソードを盛り込んでキャラを増やしていくと手法も取れない。

ではどうなったか。コンセプトとしてアリアとあかりの戦姉妹を据えたのだ。ハーレムだとヒロインがどういう人物かを描写しないとハーレムとして成立しない。だから漫画では個別エピソードを作って加入イベントしているのだが、アニメではそれができないのでハーレムへの新規キャラの加入を極力減らしたい。そこで戦姉妹をコンセプトに据える。何はなくとも格好いいアリアとそれに憧れるあかりという構図にする。

だからアリアはあかりをこっそりつけているし、何故か屋根の上にいたりする。志乃が嫉妬する理由を明確にした上で、あかりが志乃に対抗する理由も作れる。それぞれの動機をわかりやすくしているのだ。漫画ではちょっとした回想だけでいきなり刃物を向けていたが、アニメではアリアと散々といちゃつくさまを見せてから刃物を向けている。どちらがやばそうか。言うまでもなく前者だ。そういうわけで漫画を読んでからアニメを見ると割と志乃がマイルドで可愛らしく見える。

また、アリアへの憧れというのはこれからの展開でもわかりやすくするのに都合のいいものだ。あかりは夾竹桃とまともに相対するまで動機が薄かった。何となくアリアに憧れて頑張っているのだろうくらいで、アニメ程アリアへの憧れを強調されていなかった。それが夾竹桃の相手をする前からアリアを積極的に出していって、それ自体を動機にしてしまう。肉親の死という強制的な動機とは別の動機として機能するし、それでも武偵憲章を守るという結果にもつながる。

2期があればそうした成長があったから女人望も発現したみたいにできるかもしれない。なんでずっと一緒にいたライカに効いてなかったんだという疑問への答えにもできなくはない。2期が来て欲しいですね。