読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋弾のアリアAA 1弾「もう一人のA」

これは忘れないよ、アリア先輩と同じ銃だもん


1話という事で2人の出会いから戦姉妹の契約まで。原作では3話かけてやっている所を1話にまとめている。導入としてはとてもよいものであった。アニメの1話で必要な要素は3つある。それは、世界観、主要人物の行動様式、作中で一番大切にされている要素の提示の3つだ。起きそうな事、やりそうな事、見せたい事の言い換えてもいい。

まず世界観。これは日常との違いだけ言えればいい。ファンタジーなんかだとナレーションまで入れる事もあるし、日常系だと説明はしなくていい。AAだと治安が悪い所で武装探偵という何でも屋の養成校があるくらいの事さえ言えればいいだろう。

行動様式は作中の主たるアクションの中でキャラクタが何をしそうか言えればいい。バトルがメインだとこいつはどういう戦い方をするかになるだろうし、日常系ならこいつがボケであいつがツッコミかを言えればいい。AAだとあかりが頑丈で強いらしいアリアにも対抗できる何らかの技を持っていることがわかれば十分だ。

最後の一番大切な要素の提示はアニメによって全く異なる。謎は全て解けたでもいいし、プリパラは好きぷり?でもいい。AAだと格好いいアリアとそれに憧れるあかりの戦姉妹という関係だと思う。

1話ではこれら3つがちゃんと満たされていて非常によい導入だった。捕物をやってアリアの格好よさを示して、そんな相手にも通用する技を使い、互いの魅力を認識した上で仮契約をする。次回以降のフックも各所に残しつつ、どういうアニメであるかを実にわかりやすく示せていたように思う。


原作者の赤松さんも関わっているらしい原作からの改変もよかった。派手な捕物も世界観とアリアの実力を示すのにいいし、試験を対人戦にしたのもあかりの弱さがわかりやすい。中でも一番よかったのは銃の扱いである。コミックでは家を出る時に銃をののかに持たされていたし、試験もエンブレムを取ってみろというものだった。しかしアニメでは、銃は憧れの人と同じものだから忘れないし、試験もその銃を取り返すというものになっていた。失敗した昇格試験ではマイクロUZIを使用していた点も含めて、銃を通してあかりからアリアへの憧れが示されていてとてもよかった。AAでは一番大事な事だ。


そんなわけでとても出来がよかった第1話。次回はクレイジーサイコレズだと言われそうな志乃さん回。所でニコニコチャンネルでの配信はいつなんですかね。本当に来るんでしょうか。人に紹介する時に有料というのは厳しいのですが……。