感想の書き方を変えてみる

アニメや漫画の感想ばかり書いているが、私が言及するのは特定の事象に関する考察めいた内容ばかりである。例えば咲で言うと、各人の能力やカップリングについての話が基本となる。これは各話のあらすじそのものとはあまり関係がない。話の文脈において語られる事ではあるが、話の筋からピックアップしていく内容である。故にそれに合った書き方を検討してみた。

これまでは話の筋を書きながらも、所々気になった点について言及をするといった形式を取っていた。あらすじと着眼点をごちゃごちゃにしながら書いていたのだ。しかも悪い事にそれでは書きづらいから中途半端に分けようとしてみたりと、行き当たりばったりな書き方をしていた。その時の気分は分かるかもしれないが、後から見直すような代物ではない。後から見直すなら正規化できるようにしておいた方がいい。

そこで、いっその事あらすじは別にしてみた。話の筋自体は必要だが、それに沿って書く必要がないのなら、それは別記してしまった方がいいそれから書きたい事をそれぞれに書く。言語化してみれば当たり前すぎて、どうしてこれまでそうしてこなかったのか不思議ですらある。多分、使い方を全く考えていなかったのだろう。とても馬鹿っぽい。

今後もよりよい方法があれば検討していきたい。単行本なんて今回の書き方では書きにくい。



考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則