読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナシスイメージカラー [Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17’→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe]

例によってナナシスのイメージカラーの記事である。今回はユニット毎のカラーも追加した。いつものソース*1*2*3に加えてユニットは公式*4や演者のTwitter*5*6*7*8を参考にしている。ペンライトはこれまでと同様にルミカライトベースのようなのでカラーの分類…

最近フォローしているアイドルコンテンツ

飽和しているとは言え、まだまだ増え続けるアイドル系コンテンツ。いくら美少女好きとは端から追えるわけではないので結構絞っているつもりだが、それでも最近は時間が足りないと感じる。その上、最近はどんどんライヴをやるコンテンツが増えてきて、イベン…

CentOSでSupervisorを使う

変なリモートホストでDockerを動かしていると、結局SSHで入るしかないといった状況になったりする。そういうわけでコンテナ内で複数のプロセスを動かすツールの紹介である。以下の通り本家でもきっちり紹介されているSupervisorだ。 docs.docker.comCentOS自…

Acer Chromebook R13でcroutonを使う

昨年、衝動的にR13を買ってしまった。特にレビューもしなかったが、キーボードの付いた大きなAndroidとして使うには値段を除けばそんなに悪くはない。YoutubeでFHDの動画を見てもカクついたりしないし、13インチなのでキーボード入力もいつも通りできる。重…

t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5- 感想

2.5が告知されて、1月という時期からSnow in "I love you"を思い浮かべた人も多いと思う。しかし、大阪なんてそうそう雪が降る地域でもない。タイミングよく降ったらきれいだろうなと妄想するくらいだ。しかし、アイドルは天気を操れる。交通機関を狂わせな…

ナナシスイメージカラー [Tokyo 7th シスターズ t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5-]

2ndの時に書いた*1が、今回は物販のルミカライトに合わせて今回もまとめておく。前回に続いてtogetter*2や出演者のブログ*3、インタヴュ記事*4からの引用だが、ニコルのように色が不明なキャラは2ndの時に振られていた色を書く事にする。なお、物販のペンラ…

バトガイメージカラー [BATTLE GIRL FES. 大神樹祭]

いよいよ明日は大神樹祭なのだが、公式でこんなつぶやきがあった為、ピカピカオタク棒を何色にすればいいかまとめておこうと思う。バトガフェス当日の、ペンライトに関するお願いです。当日は皆様にペンライトを使って頂く場面があるので、ご持参頂けるとよ…

2016年参加イベント5選

昨年は急にイベンターのようになってしまい、eventernoteによると40件弱のイベントに参加していたらしい*1。プリパラおじさんがイベントに行くようにもなっただけかと思ったが、実はプリパラ関係は10件程であった。意外と少なかったらしい。そんなわけで印象…

プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016 感想

今年もプリスマスに行ってきた。やっぱりプリスマスはいい。そんなわけで感想を書いていこうと思う。 どれもよかったのだけど、夏に引き続いてアロマゲドン/ガァルマゲドンはやはり魅力的だった。でび&えん→アメイジング・キャッスルの流れは最高だ。でびえ…

Yu Serizawa Birthday Live ~Present Box~ 感想

芹澤さんの誕生日ソロライブに行ってきた。実を言うと、先日のi☆Ris武道館には参加したものの、これまでの芹澤さんの活動をあまり存じていなかった為やや不安だった。しかしそんな不安は完全に杞憂で、とても楽しいライヴだった。いくらかi☆Risを見ていて思…

Tokyo 7th シスターズ 2nd Live 16'→30'→34' -INTO THE 2ND GEAR- 感想

SEVENTH HAVEN, FALLING DOWN 引退直前の、きっとまだニコルだった頃の述懐が終わるとセブンスシスターズだった。レジェンドだった。曲数が多く難しいと認識すると同時にコンプティークのコメントで渕上さんに期待させられていたFALLING DOWNが最高だった。…

ナナシスイメージカラー [Tokyo 7th シスターズ 2nd Live 16'→30'→34' -INTO THE 2ND GEAR-]

t7s

追記: 3rd版にしました yyasui.hatenablog.com いよいよ今日のお昼に迫ったTokyo 7th シスターズ 2nd Live 16'→30'→34' -INTO THE 2ND GEAR-に向けて各々のイメージカラーをまとめてみた。基本的にはtogetter*1や出演者のブログ*2からの引用であるが、ムスビ…

Ubuntu 16.04にTensorFlow(GPU)をインストール

Ubuntu 16.04にTensorFlowを入れた。基本的に公式(Download and Setup)をそのままやれば入ると思われるが、いくつか変更する必要があった。場当たり的な対応なので取り敢えず動いただけとしていおく。変更点は2つあり、それぞれCUDAとcuDNNである。まずCUDA…

2015年アニメ10選+α

2016年も今日で最後。そういうわけで今年よかったアニメ10選+αをお届けしたい。 放課後のプレアデス 兎にも角にも綺麗なアニメ。キャラクタにしろ、展開にしろ、空にしろ、全てが綺麗なもので出来ていると言っても過言ではない。4年待った甲斐があったという…

咲-Saki- 第153局[一閃]

ふひゃっ [ここまでのあらすじ] ネリーの3連続和了で準決勝は終了。辛くも清澄は2位で決勝進出である。ネリーの最後の上りで裏ドラが乗らなければ敗退するというぎりぎりの結果だ。一方、負けた獅子原はまだ能力を隠し持っていた。淫欲を司るパウチカムイで…

文具少女ののの 第1話「ののの愛しのボールペン」

年末になっての新連載攻勢第1弾。いきなりイケメンを振ってシャーペンを愛するヒロインから始まる魔法少女物だ。明確に無生物を愛しきっているかのような表現は珍しい。麻雀が大好きとか、フェンシングが楽しいとか、そういうレベルを軽く超えてしまっている…

緋弾のアリアAA 5弾「カルテット・後編」

後編なので前回の続きかとおもいきや、突如始まる総集編。ここで一区切りとなるから一応入れたくらいの意味なのか、あるいは何か厳しい状況にあったのか、前回の緋弾のアリアは! をやるアニメではないので妙に唐突だった。そんなこんなで本編が始まるとあか…

緋弾のアリアAA 4弾「カルテット・前編」

AAもついにアイドルアニメ展開に、なんて思ったらそんなのは夢。今時のアイドルアニメ人気に釣られたんだろうか。実際はキンジを女装させたいとかいう欲求が何処かから発露したなんて事ではなかろうな。少ないが確実に需要はある。まぁ百合アニメでやった所…

何故アニメのライカはブーラブラーしなかったのか

漫画でのライカと麒麟の出会いは実にドラマティックだ。事件に巻き込まれたヒロインに偶然にも出会い、派手なロープアクションで救出する。囚われのお姫様を救う王子様といった古今東西で好まれ、私もとても好きなエピソードの1つである。麒麟がコミックの表…

Lubuntu 15.10を入れてmikutterが使えるようにした

先日、Ubuntu 15.10がリリースされ、そのファミリーでデスクトップ環境にLXDEが使用されたLubuntu 15.10がリリースされたWilyWerewolf/ReleaseNotes/Lubuntu - Ubuntu Wiki。インストールした際、ビデオカードのドライバとIMEで面倒な所があったのでそれをま…

緋弾のアリアAA 2弾「危険な関係」

だって私たち相思相愛ですもんね! あかりとアリアの戦姉妹契約を破棄すべく志乃があかりに日本刀を向ける回。初期エピソードにして原作でも志乃がヤンデレ、クレイジーサイコレズなどと呼ばれるようになった所以のアニメ化。なのだが、思いの外やばさをを感…

緋弾のアリアAA 1弾「もう一人のA」

これは忘れないよ、アリア先輩と同じ銃だもん 1話という事で2人の出会いから戦姉妹の契約まで。原作では3話かけてやっている所を1話にまとめている。導入としてはとてもよいものであった。アニメの1話で必要な要素は3つある。それは、世界観、主要人物の行動…

ハーレム内での百合と百合ハーレム

この10年程ハーレムアニメと呼ばれるジャンルがアニメ全体でも高い割合を占めており、昨今は陰りが見えてきたようにも思えるがそれでも一定の割合を保っている。なお、ここではハーレムアニメを男性主人公を複数ヒロインが囲むタイプのアニメと緩やかな定義…

緋弾のアリアAAを切らない理由と見る理由

緋弾のアリアAAが明日10/6から放送開始となります。私みたいにCATVのない地方民はdアニメストアで10/8から見られます。詳細はオンエア情報(ON AIR|TVアニメ『緋弾のアリアAA』公式サイト)をご参照ください。 そんなわけでここではアニメの宣伝をします。簡…

咲-Saki- 第146局[絶望]

あのあと部屋に戻ってもいろいろ大変だったんですよ [ここまでのあらすじ] 実況以外では久しぶりの大人組が登場。はやりん、戒能プロ、佐藤アナの3人である。時系列としては例の女子回の翌日なのでそれに言及。はやりんは酔うと大変らしい。高校生組の方はと…

感想の書き方を変えてみる

アニメや漫画の感想ばかり書いているが、私が言及するのは特定の事象に関する考察めいた内容ばかりである。例えば咲で言うと、各人の能力やカップリングについての話が基本となる。これは各話のあらすじそのものとはあまり関係がない。話の文脈において語ら…

咲-Saki- 第145局[背戻]

二度目だからだ―― [ここまでのあらすじ] ネリーが嶺上開花で上がり、咲を動揺させる。しかし、マホとの対局経験がそのショックを小さくさせるのだった。次局、早くもカムイを霧散させ、安く早上がりする末原。そして親番となった爽は白い雲を使いメンチンツ…

戦姫絶唱シンフォギアGX PV公開ッ!

7月放送開始「戦姫絶唱シンフォギアGX」のPVを公開しました!!!!! http://t.co/BGHIMB3s71 #symphogear— 戦姫絶唱シンフォギアGX (@SYMPHOGEAR) June 24, 2015 7月放送開始の戦姫絶唱シンフォギアGXのPVが公開ッ! 視聴を諦めるなッ!

放課後のプレアデス 第10話「キラキラな夜」

僕は今も、自分を呪い続けている みなと 過去を呪っていてはそれをやり直す事なんてできない。やり直す為には祝福が必要だ。しかし、もう自分で祝福ができないのなら、誰かに祝福しれもらわなければならない。その祝福を祝福できる相手に。自分を祝福できた…

咲-Saki- 第144局[烈火]

もいっこカンや!! 末原恭子 いよいよ持って後がなくなってきた有珠山。大将の爽は能力を使う。だが、それを察知した咲の様子から状況を察してオリに走る末原。それでも未だチャンスがあるかに見えた爽だったが、ネリーが嶺上開花を見せるであった。 気になる…

放課後のプレアデス 第9話「プラネタリウムランデブー」

忘れなくては帰れないし、忘れるからこそ、今この景色を楽しめる みなと 文化祭はそれそのものより準備期間の方が楽しいなんてよく言う話だ。時間に追われながらも、気楽に何かを作って、できていく様というのはアニメとして見ても楽しいものだろう。しかし…

放課後のプレアデス 第8話「ななこ13」

ぽ・わ~むする ななこ 再会にはまず出会いが必要だ。出会って別れなければ再会にはならない。そんなわけでななこが一人で旅立つお話。すばる達と出会って友達になったからこそ、時間と空間を隔てた再会ができる。これまでは流星を見た頃の過去にまつわる関…

キーボードを買った

PC

少しお高いキーボードを買ってみようかと思ってキーボードを買ってみた。要求としてはUSB接続、US配列、ファンクションキーあり、お高いといえども1万も出す気はないといった所だ。そうなると実質的に選択肢はほとんどない。この価格帯だとHHKB Liteがいいの…

Vivaldi Technical Preview 3

A New Browser for Our Friends ◦ Vivaldivivaldi.com多分、旧来のOperaが好きだった人へ送るブラウザ。ロッカジェスチャは搭載済み、キーバインドもOpera風。インタヴュによれば、Chromium系列のプラグインでブラウザを作っていくものではなく、汎用的なア…

放課後のプレアデス 第7話「タカラモノフタツ 或いは イチゴノカオリ」

私達は変わっていける すばる 起承転までやったと言いつつ、またもや転。いや、折り返しと言うべきか。ようやくすばるとあおいの過去に触れられる。忘れた記憶を思い出す事と失くしたものを探す事はよく似ている。失くしたものが見つからなくて何も手がつか…

咲-Saki- 第143局[応変]

なんか2回戦とビジュアル違うな… 宮永咲 意外な事に阿知賀編の面々のカラーから始まった大将戦。彼らが出てくる決勝戦はもうすぐだと強く感じさせる。後数ヶ月もすれば決勝戦も始まるだろう。対局の時は近い。そんなわけで大将戦なのだが、珍しく勝ち気のあ…

田舎のIngress その2

結構前にIngressをやっているという記事を書いた(田舎の Ingress - 安いブログ煮 )。そこで申請したポータルの審査結果がやっと届いた。郵便局や神社ばかりだったので9割方通っている。しかし、申請からはもう7ヶ月ほど経っているのだ。3ヶ月程度はかかると…

放課後のプレアデス 第6話「目覚めの花」

残りのエンジンの欠片の数が6個と分かって、ついに宇宙船が現れて、みなとと角マントが対面して、と起承転結の転に他ならないような回であった。2話までが再会という起で、5話までがキャラ照会がてらの承と実に13話アニメらしい構成である。もう終わりが見え…

放課後のプレアデス 第5話「帽子と氷とお姫様」

やっぱり王子様はお姫様を助けなきゃ いつき 子供の頃は万能感を抱いているものだ。 自分は何だってできるし、できるようになると思ってしまいがちだ。 でもそうしてやった事が全て成功するわけではない。 いつしか自分には限界がある事に気づく。エネルギー…

放課後のプレアデス 第4話「ソの夢」

圧倒的じゃないか ななこ 1週間ずっと考えていたけどもうこのななこの台詞以上の感想を書けない。素敵なものを素敵だって言える事以上に素敵な感想なんてない。可愛くてきれいで素敵なアニメだ。

Romaが出るまで

Roma はこんな編成で捜索した。上ルートだったので、危険は特にボス前の艦載機であり、対空カットインが必須だった。空母の攻撃を低減する輪形陣はこちらの与ダメージも減り、却って第二艦隊へのダメージが多くなる場合もあり評価としては微妙だ pic.twitter…

発令!第十一号作戦 打通作戦! ステビア海を越えて クリア

終始上ルートをこの艦隊で進めた。最後はキラ付が嫌になってキラキラなのは勝手についてしまう旗艦や重雷装艦程度。決戦支援はゲージが十分減ってからで、こちらもたまたまキラキラしているのが数隻いるくらいだった。 pic.twitter.com/knkynH5zeT— 安井 (@y…

発令!第十一号作戦 アンズ環礁泊地攻撃作戦 クリア

E-5 クリアしたよ。ダメコンはなくてもどうにかなる。S 勝利しても全くレアな艦は出なかったけど pic.twitter.com/EQGpCKajQ7— 安井 (@yyasui) 2015, 5月 3上記の編成でE-5をクリア。 正確に記録はしていないが20回弱は出撃したと思われる。 最終戦のみ2重程…

放課後のプレアデス 第3話「5人のシンデレラ」

可愛いの! 可愛いの! すばる いつき エンジンの欠片の出現範囲はどんどん広がっているらしく、南方の海にまで及んでしまった。そう、つまりは水着回である。温かい海まで行けば水着回になるのである。これは深夜アニメの常識と言っても過言ではない。3話に…

発令!第十一号作戦 決戦!リランカ島攻略作戦

E-4 クリア。キラ付は不要。ボスも半分以上は昼間で終了 pic.twitter.com/KMKl6ykc2t— 安井 (@yyasui) 2015, 5月 2この程度のレベルがあればE-4も楽々クリアできるだろう。 対空カットイン艦を2隻ほど随伴艦に含めているが、上位の烈風があったのでカットイ…

発令!第十一号作戦 E-3 ベーグル湾通商破壊戦 クリア

E-3 甲は千代田を除いて予備艦のみで余裕のクリア。疲労を貯めないように別の事をするくらいしか思考を必要としない pic.twitter.com/7ix8cRiZJY— 安井 (@yyasui) 2015, 5月 1E-3についても特に工夫はない。 E-5でルート固定になるとされる鈴熊を出撃させて…

発令!第十一号作戦 第二次カレー洋作戦 クリア

適当にやったらクリアできた。D 側を通って毎回必ず誰かが大破撤退していたけど、幸い空母の撤退はなかったので制空権は最後でも拮抗。一応対空カット要員は3隻いたが、摩耶の撤退で確率が低下して発生せず。いたら最後まで航空優勢になったと思う pic.twitt…

発令!第十一号作戦 発動準備、第十一号作戦! クリア

E-1 甲はこの程度のレベルでも十分クリアできる。最終形態のボスで1回倒しきれなかったけど pic.twitter.com/S5oj87KuZ9— 安井 (@yyasui) 2015, 4月 29自分のドロップ狙いの為に備忘録的にまとめておく。E-1については軽巡洋艦と駆逐艦しか使えないが、大し…

咲日和OADのPVが公開

youtu.be咲-Saki-14巻の初回限定特装版に付属してくる咲日和のOADのPVが公開された。 スタッフは咲シリーズから継続でで制作会社もStudio五組のままのようだ。 ただ、セトウケンジ氏が助監督から監督に変わり、小野学氏が総監督になっている。 7月の発売が楽…

放課後のプレアデス 第2話「星めぐりの歌」

私達の悔しがる分がなくなっちゃう ななこ 再会というのは常にドラマティックなものだ。ただの出会いですらドラマであるのに、再会というのは更にそれまでの積み重ねがある。ドラマティックになるしかない。再会が始まりの物語ではその積み重ねの確認作業が…